BamBasic : YT-902  Discontinued



田中義人氏のメッセージ
このYT902はその名の通りTS808へのオマージュも籠められているODである。
乱暴に言ってしまうと 僕にとって今回のYT902製作時の 最重要項目はただ1点!
[バランスを探る]事でした。
僕が感じるTS808の魅力=粘りと艶
それに歪み量、輪郭、抜けを加味するという半ば相反する事を自分の好みのバランスで共存させる事へのトライでした。
シャープネスを加味すればする程失われて行く粘り。
そしてその逆もまた同じで、とにかくその部分のバランスを自分の好みにチューニングしていく事にBamBasicさんと約2年半かけました。
もちろん操作性や、 デザインにもとても拘りました。
Driveを減らすととても輪郭のあるクランチ、Driveを増やすと粘りのあるOD。
とても自分好みのODが出来ました!
興味ある方は是非とも
ご注意事項
9V ACアダプター専用
安定した9Vを供給できるACアダプタをご使用ください。(BOSS PSA-100推奨)
ご購入後1年間の動作保証
保証に関してはこちらでご紹介しています。
Discontinued

田中義人氏プロフィール
1973年9月2日生まれ、札幌出身。1997年11月に上京。
1999年monday michiruのbandへ参加、sax奏者のLew Tabackinと共演
2000 年Mondo Grossoに参加。傑作アルバム「MG4」に参加し「LIFE feat. bird」「MG4BB feat TANIA MARIA」「Now you know better feat AMEL LARRIEUX」などを共作。アメリカ、ヨーロッパなど25ヶ国でリリース。この後伝説的シンガーのエレン・マキルウイェンとの「DON'T LET GO」までMondo Grossoの作品に携わる。またこの頃、大沢伸一(Mondo Grosso)、 野崎良太(Jazztronik)とともにプロデュース・チーム Sleepy Tonge として、野崎良太(Jazztronik)とは majestic12 として、椎名純平、JAFROSAX、唐沢美帆、等を手掛けたり、堀向直之、MT、田中義人3名によるクリエイターチーム Quiet☆Rockerz としてもケツメイシのアルバムにおいて楽曲提供やサウンドプロデュースを行っている。またYoshito Tanaka個人としては中島美嘉、bird、akiko、ICE、佐藤竹善、高宮マキ、嶋野百恵、akiko、森山直太朗、土岐麻子、カサリンチュ、MUCC、 藤巻亮太、JiLL-Decoy associationのsoundproduce なども手掛け、2006年にはピアニスト/塩谷哲のアルバム「Hands of GUIDO」(グイードの手)を塩谷氏と共同プロデュース。アルバムの約半数の楽曲は作曲、共作にも関わる。

・ギタリストとしてのtour参加
1999年〜 bird
2002, 2003年 葉加瀬太郎
2004年 森山良子 US Jazz Live Tour2004に島健(piano)カルテットのメンバーとして参加し、NY Blue Note公演にて故Michael Brecker(sax)と共演。
2004, 2005, 2006年 森山直太朗コンサート・ツアーにギタリスト/音楽監督として参加。
現 在までに、ケツメイシ、スガシカオ、bird、今井美樹、葉加瀬太郎、レミオロメン、藤巻亮太、Superfly、中島美嘉、Jazztronik、大黒 摩季、m-flo、YUKI、SMAP、wyolica 、JiLL-Decoy association、Chemistry、BoA、Funky Monkey Babys、絢香、さかいゆう、秦基博をはじめ数多くのアーティストのレコーディング、ライヴ・サポート, アレンジなどを行い、特にケツメイシの「夏の思い出」等のヒット曲でのプレイ・スタイルでは高い評価を受けている。

2008年〜 今井美樹のツアーメンバーとしてプレイを共にした松原秀樹(B)と「自分たちが好きなファンク、ソウルなどのブラックミュージックを中心とした音楽をやり たい」と意気投合。森俊之(key), 玉田豊夢(Dr)とともにバンド、C.C.KING結成。2010年ファーストアルバム「C.C.KING」リリース。

2012年〜
SUPERSALTBANDのギタリストとして 塩谷哲(P)山木秀夫(Dr) 松原秀樹 (B)大儀見 元(per)と共に活動中

2013年〜
小林武史.大沢伸一のBradberry Orchestraがバンドとして再始動 メンバー、ギタリストとして参加<

2013.2月に待望の初リーダーアルバム「THE 12-YEAR EXPERIMENT / YOSHITO TANAKA」リリース
バ ラエティに富んだ楽曲とエモーショナルなギタープレイがたっぷりの名盤として話題を呼び、Wax Poetics、Floor などにインタビューが掲載される。特に2013年5月号のPlayerに於いては7ページの特集が組まれている。アルバムは絶賛発売中!!